魔法 – Kudow’s Lyrics #13


魔法

待ちこがれたとき いまが始まりのとき
自身を変える鍵 ポケットの中
普段着 ポケットの中

右手の先に冷たく触れる

待ちこがれたとき いまが始まりのとき
南に向かうバス 曇り空の下
道は乾き始めている

すべてを変えるほどのクールな魔法
冷凍ビザの箱の上
誰にも知られずに まだそう
それはいま 熱く溶け始めたばかり

それはきっと未だ 誰も知れず 溶け始めた
僕の中で 君の中で

鍵を開ける それが合図
扉を叩く人はそう誰あろう 君の姿
指を鳴らす それが合図
音を聞き取る影はそう誰あろう 君の姿

それはきっと未だ 誰も知れず
溶け始めた 誰も知れず

※ 6月の7日間 “rokugatu blue” disc lime Track #01
※ All Rights Reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です