告白 – Kudow’s Lyrics #01


告白

頬を湿らす霧の中
僕はとても幸せだった
そして視界は白く濁り
やがて何も見えなくなった

「生き急ぐのは、生きることへの憧れ」
僕は思わず 舌を鳴らして目を伏せる

今を生きる現状は
目に余る 目に余る

「君の手の中にある物は、普遍性など無いものだ」
否定できずに息をのみ 指の間こぼれ落ちた

「死に急ぐのは、死ぬことへの恐れ」
僕は思わず 君を捜して振り返る

酷く滲む感情は
目に余る 目に余る

強く揺れる残像は
目に余る 目に余る

心開く願望は
目に余る 目に余る

※ 6月の7日間 “rokugatu blue” disc orange Track #01
※ All Rights Reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です