カテゴリー別アーカイブ: ロックミュージック

望むのはこれだけ


SoundCloud をあさってたら Jeff Buckley の That’s All I Ask を見つけました。聴いたことないアコースティックバージョン。この曲、好きなんですよね。ちなみにオリジナルはニーナ・シモン
オリンピア収録のバンドバージョンよりも、こっちの方がカッコイイような気がします。

That’s All I Ask

Don’t try to blow out the sun for me baby
I’m not hoping for what I know can’t be
All that I ask is for a kiss each day
And I’ll give you love that will never go away

Yes I will

Cause girl I wouldn’t ask you to lift up this great big world little baby
I know that your not that kind of a girl
All that I ask is for a smile or two
And nothing in this world will be too good for you

Nevermind now, with your heart, how much you say

Nobody knows, how deep my love for you really goes
Cause girl, I want you to know
I wouldn’t ask you to hold back the light of dawn baby
That’s just a little too much to ask to anyone

Nevermind now, with your heart, how much you say

All that I ask, is for your loving ways
And I’ll keep you happy for the rest of your natural born days

私のために太陽を消してしまおうなんて望んでないわ
そんなの無理だって分かってるし
毎日キスしてくれればそれでいい
望むのはこれだけ
そうすれば私もずっとあなたを愛せるわ
そう、ずっと

こんなにも大きな地球を持ち上げて欲しいなんて頼んだりしない
私はそんなタイプじゃないしね
ときどき微笑んでくれたらそれでいい、それだけ
それ以上の幸せはないはず

誰も、誰も知らない、私がどれほどあなたを深く愛しているか
これだけはわかってほしい
朝日を沈めて欲しいなんて頼んだりしない
そんなの誰にだって無理だと分かってるし

あなたのやり方で愛して欲しい、それだけ
それならあなたを幸せにするよ
ずっと、最期まで

2014年夏の弾語り甲子園


久々に弾き語りします。春吉ソウルキッチンさんのイベント、2014年夏の弾語り甲子園。
打順表
出番は8/9(正確には9/10ですが)なので22時〜23時くらいでしょうか? 全然読めないので分かりませんサーセン。
オリジナル楽曲+やったことのないカバー曲(自分的にチャレンジ曲)でいこうかなと考えていますが、どうなることやら。
でも頑張るやでー。
ライブ詳細はこちらで。

※追記
日時を書き忘れてました。
2014年8月27日水曜日19:30
春吉ソウルキッチン

140531


今日の気分。

The Replacements – Achin’ To Be

89年のアルバム Don’t Tell a Soul の4曲目。すごく好きな曲です。
ポール兄貴の曲は切なくてね。愛されたいくせにぶっきらぼうなんだよね。

She opens her mouth to speak and what comes out’s a mystery
Thought about, not understood
She’s achin’ to be

She closes her mouth to speak and closes her eyes to see
Thought about an’ only loved
She’s achin’ to be
Just like me

口を開けば不可解なことばかり
考えてはもらいたいけど、理解なんてされたくない
そうありたいのにってもどかしくしてる

話そうとして口を閉じ、見ようとして目を閉じる
かまってほしいし、ただ愛されたい
そうありたいのにってもどかしくしてる
僕みたいに

5月29日は Jeff Buckley の命日


Jeff Buckley 公式サイト

ウィキペディアより
「ジェフ・バックリィ(Jeff Buckley, 1966年11月17日 – 1997年5月29日)は、アメリカのシンガーソングライター。カリフォルニア州アナハイム出身。1990年代で将来を嘱望されたアーティストの一人であったが、水泳中に30歳の若さで溺死。アメリカの音楽界に起こった悲劇の一つとされる」

未だに信じられないですよ、彼みたいな人が若くして亡くなってしまうなんて。
とても大きな影響を受けました。

今ごろジュリがジェフを見つけ出して、お友達になっていてくれてたら嬉しいのだけど。
「はじめましてジュリです! ジュリのパパがジェフさんの大ファンウサよ!」みたいな。頼んだぞジュリ笑
写真

140525


ラブ&ヘイトにあふれた人や音楽(その他)が好きなんだよね。
グラスから水があふれるように、止めどない感情が色/形の様々なグラスから溢れ出る瞬間が好きです。ネガティブからポジティブへ、光から闇へ、憎悪から愛へ、感情の振れ幅が大きいほどその瞬間は美しいと思うのです。
真逆の感情や風景が複雑なひとつの塊になってぶつかってきたりね。

140517


急に聴きたくなったので。
この曲、大好きなんだよね。

RCサクセション – 海辺のワインディングロード

85年リリースだから、僕は中学生でしたよ。
歌詞の書き方は清志郎さんから学びました。

「もう君の目を 今までのようには見れない もう二度と 僕の目には見えない」

心情や世界の激的な変化とその前後の物語を、たった一行の平易な言葉で歌うことができるなんて!と衝撃を受けました。清志郎さんが歌うから説得力があるともいえますけどね。
こんな歌が歌えるようになりたいものです。

140510


疎外感とか切なさとか寂しさとか儚さとか孤独とか運命とか否定的な既視感とかね。何度も何度もね、辛いよねホントに。
でもどこかに誰かに救いを求めれば、自分で決断できる勇気をより強く持てるかもしれないね。

今日の気分↓
The Replacements – Merry Go Round

“Hush” Was the first word you were taught
“Hush” Is the only word you know
Merry go round in dreams
Merry go round in me
「シー、静かに」君が最初に教わった言葉
「シー、静かに」君が唯一知ってる言葉
夢の中のメリーゴーランド
僕の中をグルグルと

【追記】
若い頃はポール兄貴みたいな髪型に憧れたなぁ。エコバニとかね。いまじゃ無理だけどー。

140506


ここ数ヶ月は、ほぼジョンスペばかり聴いています。ジェフ・バックリーとかザ・スミスとかモグワイとか、一番好きなやつは切ない系が得意な人達だから、聴いてると胸がわさわさして耐えられなくなるんですね。(たまに聴いて別の意味でアゲアゲになっちゃう)
で、本来の意味でアゲアゲになりたいがためにジョンスペをチョイスと。それに僕が普段やってるような音楽スタイルとはかなり距離があるから、新鮮かつ憧れを感じています。
彼らはドラムさんやボーカルさんばかりに注目が行きがちですが、ギターさんのバッキングがカッコイイんだなこれが。ギター弾きならコピーしたくなる感じ。
彼らのスタジオ音源はほぼコンプリートしましたが、個人的なベストナンバーはこれ。異論は認める。

なんだかんだでアルバム ORANGE が一番エネルギーに満ち、かつ上手くまとまってる印象です。バンドにも奇跡の一枚的な、すべてが上手くいくタイミングってあるんでしょうね。
ジョンスペのコピバンがやりたいです。。